リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

面接における「何か質問はありませんか?」その対応で明暗が分かれる!

皆さんが企業面接に臨まれて、ほとんどの場合、その締めくくりに「何かご質問はありませんか」と投げかけられるでしょう。これを案外軽く受け流す人が多いのですが、要注意です!ここでどう対応するかで、面接の結果が大きく左右されるのです。

最後の質問タイムで「質問ナシ」は、それだけでマイナスポイントと心得よ

皆さんはこのシチュエーションに直面したら、どう対応されますか?

「もう十分、自分の説明はできたと思うし、特にないかな」「余計な質問をしてしまって、逆に印象を悪くしてもなぁ」「緊張した、早く終わりたい」…色々な思いが渦巻いていることと思いますが、結構な割合で「大丈夫です。特にありません」と答える人がいらっしゃいます。

結論から申し上げますと、

「大丈夫です。特にありません」はあり得ない!

と心得ましょう。

「えっ、そうなの?」と思われたでしょうか。
企業側の意味、意図としては、純粋に応募者の方々の満足度を上げたい(言い残した、聞き漏らしたということがないように)ということで、この質問を投げかけていますが、それと同時に、その人の質問力および自社への興味関心度合いを計っているところも多分にあるのです。

このシチュエーションで質問がないとは、①御社にはさしたる興味がありません、②私には質問をする思考力がありません、いずれかor両方を表明していることになるのです。
「質問ナシ」は、面接の評価についてニュートラルではなく、マイナス点だと認識しましょう。

気づかず質問していて、企業側から減点されている質問例

では何でも質問すればよいのかといえば、もちろん、そんなことはありません。「何を聞くか」がポイントです。
リクルートダイレクトスカウトのユーザーである幹部・リーダーの皆さんが、という意味で、NG質問の代表例を紹介しておきますと、

・ネットなど公開情報を見ればわかることについての質問
これを聞くということは、あなたの「情報収集力の低さ」「企業への興味関心の薄さ」を図らずも露呈させることになります。

・福利厚生や待遇に関する情報についての質問
聞いていけないということはありませんが、面接中に、特に一次面接や二次面接の段階でこれらについてばかり聞くのは、「幹部クラスの視点・姿勢」ではないな、条件にばかりこだわる人で責任を持って事業や組織を牽引できるタイプではないのではないかと企業側は疑念を持ち、落胆します。

・面接中に出た話についての繰り返し質問
これ、結構あるのです。聞かれた側からすると、「あれ、さっき話したのに」。もちろん、わかりにくかった、念のため再確認したいなどもあるかもしれません。その時は、「先ほどのあのお話なのですが、こういう理解で間違っていませんでしょうか」「改めて確認しておきたいのですが」などをしっかり添えて質問しましょう。そうでなく、素で同じ内容を聞くと、「この人、話をちゃんと聞いていないな」「理解力、大丈夫かな」となってしまいます。

これらの質問が、あなたの評価をマイナス側に確定させることは十分に予見されます。

これを質問すれば、必ず加点が稼げる!2つの質問切り口

では、何を聞くのがよいのか?

心掛けていただきたいのは、相手企業の「課題」もしくは「魅力」をあぶり出す質問をすることです。

私は常々、幹部クラスの皆さんに「商談のような面接をしてください」という話をしています。
応募先企業には、あなたのような幹部を採用したい理由としての、何らかの「課題」や「テーマ」があります。面接で会話すべきは、あなたの自己紹介ではなく、今回、募集しているポジションの人に何を解決して欲しいかについての確認・すり合わせと解決策についてです。

この「課題」や「テーマ」についての確認・すり合わせと解決策についての「商談」話を面接中にできていたならばOKですが、企業によっては限られた面接時間の中であなたについての情報収集で終わってしまったという場合もあるでしょう。
そのようなときこそ、最後の質問タイムで「課題」についての確認を切り出し、それに対してあなたがどのような解決ができうるかを話す。この話ができているかどうかで、相手企業があなたに感じる可能性の度合いは大きく変わるのです。
相手企業の「課題」を質問であぶり出し、それに対してあなたが解決できる人材であることをさりげなく念押しアピールする。実はここであなたへの評価が180度変わることも少なくありません。「この人、やってくれそうだな」。次のステップに進むか否かが、最後の質問タイムで変わることがある。ぜひ、ご記憶ください。

面接中に「商談」が十分にできていたなら、その場合の最後の質問は、相手企業の「魅力」に関することがオススメです。
MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)に関する部分での追加・深掘り質問や、あなたが感じている応募先企業の魅力にまつわるところでの深掘り質問で、相手の「魅力」を俎上に載せて、それに対してあなたが共鳴していることを相手に印象付けるのです。
こちらは、せっかくの機会に加点、ボーナスポイントを稼いでおくアクションとなります。ぜひ。

 *   *   *

面接は、<本編>の企業側からあなたへの質疑応答だけが勝負ではありません。一見、おまけ・のりしろのように思われている「最後の質問コーナー」もあなたの価値をアピールする非常に重要な時間です。意図と狙いをもって、面接の最後の数分〜十数分を過ごすことで、選考結果が大きく変わり得る。現在、面接に臨んでいらっしゃる皆さんには、ぜひともご記憶頂ければと思います。

ではまた、次回!

井上 和幸 氏

株式会社 経営者JP / 代表取締役社長・CEO

井上 和幸(いのうえ かずゆき)

1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。