リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

知らないと恥ずかしい! 接待で押さえておくべきお店選びのコツとは?

責任ある仕事が増えるのに伴い、重要な顧客を任せられるケースも増えてくるでしょう。こうなると、自分の顧客を接待しなければならないというシーンもやがて訪れます。接待をする際に、どのようなお店で接待をしたのか、気持ちよく飲むことができたかなども顧客からの評価につながります。そんな大事な場面で高評価を勝ち取るためにはどのようなポイントを押さえたらよいのでしょうか。

お店選びで押さえておくべき基本

座敷なのかテーブル席なのか

お店の構成が、座敷が中心なのか、テーブル席が中心なのかは要チェックです。中には靴を脱ぎたくないという人もいますので、座敷はなるべく避けた方がよいかもしれません。接待の席がどうしても座敷となってしまう場合は、事前に座敷であることを相手に知らせておくと良いでしょう。

座敷の場合は掘りごたつ形式がベター

お店によって、どうしても座敷での席となる場合には、掘りごたつ形式の座敷を選ぶようにしましょう。これは普通の座敷よりも、スーツのズボンがしわになりにくいためです。

行きやすいお店を選ぶ

接待をする際には、顧客が行きやすい場所を設定することが大事です。大きな繁華街であっても、行きづらい場所であると相手に負担感を与えることになります。それだけでもマイナスポイントとなりますので、交通の便を考えることは大事です。

個室の有無

接待の場合は友人などの飲み会と異なり、静かに落ち着いて話のできる雰囲気が重要となってきます。また、バラバラになってしまうと会話もしづらく、まとまり感もなくなってしまうため、個室を用意している店舗を選ぶのはマストとなるでしょう。最低でも半個室のお店を使うことを頭に入れておきましょう。

事前に訪れて店の料理をチェックする

気になる店については、事前に訪れておくのがベター。ランチを利用して料理を食べてみて味を確認したり、夜に出されるメニューを見せてもらい相手の苦手な食べ物が無いか確認したりする必要もあるかもしれません。

なお、お店の中には宴会の下見で予約することも可能な場合もあるようですので、宴会の下見であることを告げ、料理の中身や雰囲気を調べておいても損はありません。

お店によっては季節の料理を出すこともありますので、こういうお店であれば、先方の満足度も上がるはず。料理を選ぶに際しても、細かな気配りに気をつけたいものです。

座敷のお店

接待中に意識すべき気配りポイント

接待中のふるまいも、クライエントからの印象に強く影響します。しっかりと敬意を表現するポイントを抑えましょう。

接待と感じさせない気配り

いかにも接待という感じになってしまうと、お互い気楽に話をする雰囲気ではなくなってしまいます。「気軽にいかがですか」などと、あくまでもスマートな形でお誘いすることにも気をつけたいものです。

また、予算があるからといってあまりにも高級なお店を選んでしまうと、相手に警戒されてしまう可能性もあります。その時の接待に相応しい価格帯のお店を選びましょう。

支払はスマートに行う

最後の会計についても、相手に気を回されないよう、終わりが近くなったと感じたら自然と席を立ち、あらかじめ済ませておく方がよいでしょう。お店から会計伝票が来る前に、こちらから支払った方が、相手にもよい印象を与えられます。

帰りのタクシーを手配しておく

接待する相手の職級などが高い場合、帰りのタクシーを手配しておくことも重要なポイントです。帰りの心配がないようにしておきましょう。

グラス

まとめ

接待を乗り切るためには、特にお店選びが重要なポイントです。自分の好き嫌いだけでなく、どのようなシーンで活用できるのかという視点で、お店を見ていくことも重要となります。普段から友達などの飲み会で自分が訪れたお店も「接待で使えるか」という視点で見ていくと、新しい発見があるかもしれません。

接待においては、相手に気持ちよく過ごしていただくことが大事です。この心構えを念頭に置きながら、段取り良く手配していきましょう。