リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

外資系の保険会社に転職するには?転職方法やメリット・デメリットを紹介

転職で人気の業界の一つでもある外資系の保険会社。多くの外資系保険会社が日本に進出していますが、日本で保険商品を拡販することを目的としているため、日本向けの商品を開発するマーケティング部門やそれらを拡販する営業部門でのポジションで基本的に人材募集しています。今回は、外資系の保険会社に営業職で転職する場合のメリット・デメリットや向いている人、転職方法についてご紹介します。

外資系の保険会社とは

外資系の保険会社とは、海外企業が運営している、もしくは資本の多くが海外のものである保険会社のことを指します。日本にも多くの企業が進出しています。

外資系保険会社の種類

内資系(日系)の保険会社と変わりはなく、目的によってさまざまな保険が用意されています。大きくは、「損害保険」「生命保険」と、それらの中間に位置する「第三分野(医療・介護などの保険)」の3つに分類することができます。

偶然の事故によって生じた損害額に応じて保険金が支払われるものが「損害保険」、人の「生死」に関して定額の保険金が支払われるものが「生命保険」になります。また、契約者が法人(企業)であれば法人向け、契約者が個人であれば個人向けの保険となります。

外資系保険会社の営業職の主な業務内容

外資系保険会社の営業職は、基本的に新規契約を獲得することが目的となります。顧客のニーズをヒアリングし、顧客の意向に沿って、保険の内容を丁寧に説明しながらコンサルティング営業を行います。

外資系と内資系(日系)の保険会社の違い

外資系の保険会社と日系の保険会社には大きく2つの違いがあります。

まず1つ目は給与体系です。日系の保険会社でも「営業職」においては、成功報酬制度を導入していることもありますが、多くの企業は年功序列制度を取り入れています。一方の外資系の保険会社は、年功序列ではなく、実力主義がほとんどです。年齢に関係なく、成績次第で高年収も狙うことができます。

そして2つ目は福利厚生です。これは外資系の保険会社だけでなく外資系企業に一般的に言えることですが、住宅手当や家族手当などの福利厚生がありません。日本の法律で定められている社会保険(雇用保険や厚生年金など)にはもちろん加入が可能です。

外資系の保険会社の営業職で働くメリット・デメリット

外資系の保険会社で営業職として働く場合の、メリット・デメリットを整理してご紹介します。

メリット

向上心が高い方や新しいスキルを習得することが好きな方であれば、外資系の保険会社で営業職として働くことは大きなメリットがあります。

結果を出せれば、高年収も狙うことができる

大手の外資系保険会社の場合、一般的に日系企業と比べると年収が高い傾向にあります。また、企業によっては契約締結できた保険料の一定割合が還元される制度や、インセンティブが上限なく受け取れる給与体系を取り入れているので、更に高年収を狙える可能性もあります。

保険に関する知識を習得し、スキルアップができる

外資系保険会社に限ることではありませんが、営業力があれば保険業界未経験者歓迎の求人も多くあります。保険会社での営業は、「保険募集人」の資格を持っている必要がありますが、資格取得に対してサポートをする制度を導入している企業も少なくありません。保険業界未経験者でも、金融に関する知識を高めて自身のスキルアップに繋げることが可能とも言えます。

デメリット

実力主義のため働けば働くほど成果を出せる反面、働き方については合う・合わないがあるかもしれません。

自身で時間を管理する必要がある

成果主義が色濃い外資系の保険会社では、顧客の都合に合わせて自身の就業時間を調整することもあります。
例えば、個人向け商品を扱っている外資系保険会社では、顧客の都合に合わせて商談を進める必要があるので、土曜日に商談が入った場合、平日に休みを取って土曜日に業務をするといったこともあります。

日系企業と比べると福利厚生が少ない

日系企業との違いでも説明をしましたが、外資系企業の福利厚生は日系企業に比べると少ない傾向にあります。保険会社に限らず外資系の場合は、退職金がない、住宅手当などの福利厚生がないという企業も多いので、応募企業の制度については必ず事前に調べておきましょう。

外資系の保険会社で営業職として働くことに向いている人

外資系保険会社の営業職は、業界未経験の方でも転職できる可能性も大いにあります。では、未経験の場合はどのような人が営業職として活躍できるのでしょうか。

コミュニケーション力に自信のある人

外資系に限ることではありませんが、営業職ではコミュニケーション力が重視されます。人と話すことが好きな人、初対面の人と出会うことに抵抗がない人、傾聴力がある人などはフィットするでしょう。

交友関係を広げることが好きな人

例えば、個人向け保険の営業の場合、新規顧客を獲得するためには、自身で新しい人脈を形成していく必要があります。人脈が広い人やフットワークが軽い人は、外資系の保険会社の営業職に向いていると言えます。

外資系の保険会社に営業職で転職するには

外資系の保険会社に転職する際は、自社サイトから直接応募することに加えて、転職サイトやエージェント、スカウトサービスなどを利用することが一般的です。大手の外資系保険会社であれば、転職サイトや転職エージェント、スカウトサービス経由で採用をかけている企業が多いので、うまく活用しましょう。応募したい企業に知人や友人がいる場合は、ヘッドハンティングを受けたり、紹介してもらったりする方法もあります。

外資系の保険会社に転職する流れ

外資系の保険会社に転職する場合のプロセスは、他の企業と大きな相違はありません。転職サイトや転職エージェント、スカウトサービスを利用している場合、面接が3回程度あります。また、外資系の保険会社では適性検査や筆記試験を設けている企業が多いです。

多くの場合、面接は日本語で行われます。外資系であっても日本の顧客に営業することが大半なので、一般的には英語面接などはありません。日常業務でも英語を使う場面はほとんどないでしょう。

外資系の保険会社に転職する際の注意点

営業職は、顧客に自社の商品の魅力を伝えて売り込む必要があります。ですから、自分自身が自社の商品に魅力を感じていることが大切です。まずは、転職を検討している企業の商品を事前に調べ、自身で納得できる商品かを考えてみましょう。

また、自身と応募企業とがカルチャーフィットするかどうかも重要です。たくさんの外資系の保険会社が存在する中、「なぜこの企業に入社したいのか?」という理由は事前に整理しておきましょう。職場環境が気になる場合は、その企業に勤める人の話を聞いてみたり、それが難しい場合は転職エージェントやスカウトサービスなどの担当者を通して聞いてみたりすることも有効です。

【執筆者】

Mako(六角まこ)

大手外資メーカー、国内スタートアップで営業や営業企画を経て、現在は外資SaaSベンダーにてインサイドセールスチームのマネジメントに従事。仕事もプライベートも充実させられるようなバランスキャリアをテーマに、キャリア論・転職術を発信中。