リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

経験者・未経験者向け!マーケティングに転職するポイント

人気職種の一つに挙げられるマーケティング職。一口に「マーケティング」といっても、仕事の種類は非常に多様です。マーケティングの仕事の種類、求人動向、未経験者・経験者がマーケティング職に転職を図る際のポイントについて解説します。

マーケティングの役割とマーケティングが活躍する企業

マーケティングとは、広義では、市場動向を調査し、そのデータを分析して、商品・サービスの開発や販売戦略に活かす活動を指します。しかし、「マーケティング」と一口に言っても、仕事内容や役割は多様です。まずは、どのような種類があるかを整理してみましょう。

役割・業務内容

「マーケティング」の定義は、企業によって異なります。主に、「リサーチ・分析」「商品企画」「ブランディング」「販促」「広告宣伝・PR」などの業務が「マーケティング」と呼ばれています。

そのため、転職を目指す際には、自身の「マーケティング」に対する認識ややりたいことと、応募企業のマーケティング機能がマッチしているかどうか、応募企業で自身のイメージどおりの業務を手がけられるのかを、しっかりと確認する必要があります。

所属企業

マーケティング職として所属する先は、大きく分けて次のパターンがあります。

事業会社

自社の商品・サービスのマーケティングを行う。予算規模や扱っている商品・サービスによって、マーケティング手法が異なります。

広告代理店

クライアント企業の商品・サービスのマーケティングを行う。事業会社と異なり、様々な業界・商材のマーケティングに携わることができる点がメリットです。広告代理店にはCMや雑誌、インターネットなど幅広い広告を取り扱う総合広告代理店と、デジタル広告や特定領域に特化している専業広告代理店があります。

コンサルティング会社

クライアント企業に対して最適なブランディングやマーケティング手法を提案します。

リサーチ会社

クライアント企業の依頼を元にリサーチを行い、ユーザーニーズの変化などを分析し、提案します。

マーケティング対象とマーケティング手法

マーケティング活動は、商品・サービスやマーケティング対象によって手法が異なります。

マーケティング対象

マーケティング活動は、法人向けと個人向けの2つに分けられます。

1)BtoBマーケティング

法人が対象。商品・サービスの「受注」や「申し込み」がマーケティング活動のゴールとなりますが、ファーストアプローチをする窓口担当者と購入意思決定者が異なるケースが多く、ゴールまでの期間が長いのが特徴です。「中小企業の人事部門」「不動産業界の営業部門」など、BtoCに比べてマーケティング対象が絞り込まれているケースが多く、見込み顧客の獲得までをマーケティング担当者が担い、アポイントが取れたら営業に連携し商談を進めるのが一般的です。

2)BtoCマーケティング

個人が対象。商品・サービスの「購買」「申し込み」がマーケティング活動のゴールとなりますが、ブランディングを意識したマーケティングの場合は商品・サービス名や企業名の「認知」をゴールとしているケースもあります。BtoCは個人の購買活動になるため、「Webの広告をクリックし、商品ページで購入」「テレビで商品を知り、店頭で購入」など、ゴールまでの期間が短いのが特徴です。

マーケティング手法

マーケティング手法は大きく2つに分類されます。インターネットが一般化する前までは「マスマーケティング」が主流でしたが、パソコンやスマートフォンが一般的になり、顧客や消費者の価値観・嗜好が多様化している現在では、「ダイレクトマーケティング」に力を入れる企業が増えています。

特にWebを活用したデジタルマーケティングは、マスマーケティングとは異なりユーザーの行動が数値化しやすいため、マーケティング活動をより最適化することができます。マーケティング活動を最適化する分析ツールも多く、デジタルマーケティングに携わる場合はツールの知識・操作スキルも求められます。

1)マスマーケティング

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのマスメディアに広告を出し、市場全体にアピールする。

2)ダイレクトマーケティング

企業が、電話・メール・Webサイト・SNSなどを活用して顧客や消費者(ユーザー)と直接コミュニケーションを取り、商品・サービスのPRや販売を行う。

マーケティングの求人の傾向

マーケティングの求人数は、所属企業や業務内容によって差がありますが、大まかには次のような傾向が見られます。

事業会社

事業会社のマーケティング担当者の求人はあまり多くはなく、基本的に経験者が有利となります。これまでもIT・Web系サービスを持つ事業会社で、デジタルマーケティングの求人がありましたが、近年はBtoCのゲームやコンテンツを扱う企業で、グローバル化を推進するマーケティング責任者の求人が見られるようになりました。また、IT・Web系だけでなく、デジタルマーケティングで事業拡大を目指すメーカーなどで、マーケティングの戦略策定を担うCMOや部長クラスの求人も見られます。なお、BtoB企業の場合は、SaaS系を中心にベンチャー企業がマーケティング経験者を積極採用しています。

広告代理店

広告代理店はプランナーから運用担当者、マーケティング責任者など求人の幅が広く、基本的には経験者の方が有利となりますが、営業色の強いポジションであれば未経験にも門戸を開いている企業もあります。総合広告代理店やインターネットに特化した大手広告代理店の中には、マーケティング部門や自社サービスを持っている企業もあるため、クライアントワークではなく独自のマーケティング活動を行うことができるポジションもあります。

コンサルティング会社・リサーチ会社

コンサルティング会社の中には、コンサルタントとしてマーケティング戦略の分析・提案を行うだけでなく、取引先で実際にマーケティング支援業務を行う求人もあります。また、コンサルティング会社やリサーチ会社では、マーケティング支援のために、膨大なデータ分析を行うデータサイエンティストを募集しているケースもあります。

未経験からマーケティングに転職するポイント

マーケティング求人は経験者を対象とするものが中心です。経験者の場合は多様な選択肢から応募先を選ぶことができますが、未経験からマーケティングを目指す場合は、キャリア形成に工夫が必要です。例えば、次のようなルートに目を向けてみましょう。

「営業」として転職し、徐々にマーケティング領域へ踏み込む

少人数の組織で、一人が複数業務を兼務しなければならないスタートアップやベンチャー企業などであれば、「営業」として入社し、徐々にマーケティング業務にも関わっていける可能性があります。会社が成長を遂げ、組織規模が拡大すれば、マーケティング職専任となれるかもしれません。

あるいは、一部でもマーケティングに携った経験を活かして、「マーケティング経験者」対象の求人にチャレンジするという方法もあります。なお、「代理店営業」であれば、業務にマーケティングの要素も含まれているため、マーケティング領域に踏み込んでいける可能性があります。

未経験でも転職できる、マーケティングに近い職種で経験を積む

未経験でマーケティングに近い職種経験を積むためには、大きく2つのケースが考えられます。

採用ニーズが高くマーケティングに近い「カスタマーサクセス」を経験する

SaaS企業では、「カスタマーサクセス」のニーズが高く、採用が活発です。カスタマーサクセスとは、
既存顧客が商材の活用度を高め、目的の実現を支援する職種。顧客のニーズを吸い上げて商品・サービスに活かしていくという点で、マーケティングに近い役割と言えます。カスタマーサクセスは、コミュニケーション力を活かし、未経験からの転職も可能です。まずはこの職種を経験することで、マーケティング職に近づくチャンスを得られる可能性があります。

採用ニーズが高く経験者の少ない「デジタルマーケティング」を経験する

デジタルマーケティングとは、リスティング広告やディスプレイ広告などに代表される、アドテクノロジーを活用したインターネット上のマーケティング手法。インターネット広告の市場は年々伸びているため、近年はデジタルマーケティング担当者を募集する企業が増えています。また、デジタルマーケティングは、従来のマスマーケティングに比べると歴史が浅いため経験者も少なく、未経験にも門戸を開いている求人が出ています。デジタルに特化したインターネット系の広告代理店など、まずはデジタルマーケティングの知見が積める業界に転職し、経験を積んで将来的にマーケッターを目指すケースもあります。

経験者としてマーケティングに転職するポイント

マーケティング経験を活かしてマーケティング職に転職を図る場合、まずは自身が大切にしたいもの・こだわりたいものを考え、希望の「軸」を明確化しましょう。「商材のジャンル」「対象顧客層」「販売チャネル」「販売手法」などの観点から整理してみてください。

「マーケティング」という言葉を使っていても、企業によって役割や業務範囲は大きく異なります。自身が「軸」として挙げた仕事に確実に携われるかどうかを、求人で見極めましょう。不明瞭な場合は、面接時にしっかりと確認してください。

なお、事業会社のマーケティングを志望する場合、その企業の商品・サービスに対する興味の強さも、選考で見られます。「同業他社ではなく、なぜ当社なのか?」も問われるでしょう。なぜその商品・サービスを手がけたいのか、採用担当者が納得するような具体的な理由やエピソードを語れるように準備しましょう。