リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

【2022年】外食・店舗型サービスの転職市場は今後どうなる?

外食・店舗型サービスの2022年の転職市場の求⼈・求職者の動きを、業界に精通した株式会社リクルートの人材領域で活躍するキャリアアドバイザーがレポートします。「2022年の転職市場や業界トレンドを知りたい」「納得感のある転職活動のために、採用動向を知っておきたい」という方はぜひご一読ください。

外食・店舗型サービスの2022年転職市場の展望を一言でいうと

新規出店・新規事業の推進に伴い、幅広い職種を採用。CxO・部長クラスの求人も増加。
「地域限定社員」の設置など、求職者が望む働き方・暮らし方を尊重する動きも。

1.【外食】全体傾向

緊急事態宣言が解除され、外食の営業時間が通常に戻る中、店長の採用が復活してきています。デリバリーの特需も続いており、新規出店に伴う増員もあります。

店長職採用においては、「未経験者歓迎の営業職」が採用競合となります。それらの求人は、土日休み・休日数・福利厚生などの面で有利なので、これをカバーするためには、選考フローの見直しや座談会の実施など、外食を選ぶ動機付けとなるアクションが必要といえるでしょう。

一方、2022年以降の攻めの戦略を担う人材強化も進められています。IT人材の積極採用を継続。POSシステム再導入を促進するポジションのニーズもあります。経営企画のほか、ESG・SDGsへの取り組みを発信する広報・IRの求人も増えています。

2.【店舗型サービス】全体傾向

店舗運営・接客販売の求人が増加傾向。そのほかにも採用職種の幅が広がっています。海外展開・EC強化・飲食店運営といった新規事業の推進にあたり、広報ブランディング、海外マーケティング、IR・法務などの募集や、資金計画を担う財務職の求人なども増えてきました。これまではメンバー・リーダークラスの採用が中心でしたが、最近ではCxOや部長クラスの求人も増えています。

新規出店に伴い、店舗開発職のニーズも。食品工場など製造系の求人も出てきています。

管理部門では、腰を落ち着けて働きたいという求職者のニーズに応え「地域限定社員」の採用を行っています。そのための社員寮・社宅の整備も進めており、求職者から好評のようです。また、これまでは全国転勤があった企業でも、「地域限定の契約社員」を選べる制度を構築する動きがあります。人材獲得のためには、働き方・暮らし方の価値観の多様化に対応していくことも重要です。

店舗運営企業では、これまでは年末年始の繁忙期には採用活動を止めるのが通例でした。ところが2021年末~2022年初にかけては、どの企業も採用継続の意思を固めています。今後の展開を見据えると、忙しくても採用の手を止めるわけにはいかない―各社の本気度が見てとれます。

山﨑 晴也

コンシューマー領域の営業に従事。現在は小売/卸・店舗型サービス・食品業界等の大手企業を担当。