リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

転職回数は選考に影響する?経験社数が多い場合の転職活動のポイント

以前よりも転職が一般化しつつあり、複数社で勤めた経験を持つ人は増えていますが、一方で転職回数を気にする企業もあります。応募者の転職回数は、選考にどの程度影響するのでしょうか。ここでは、年代別の傾向をご紹介したうえで、転職回数が選考に与える影響や、転職回数が多い場合の転職活動のポイントについて詳しく解説します。

【アドバイザー】

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野 友樹(あわの ともき)氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

データで見る年代別の転職回数の傾向

2021年1月~6月にリクルートダイレクトスカウトに新規登録した会員データを、年代と転職回数別に集計しました。

年代別の転職回数

20代では「転職経験がない人」が全体の7割以上を占めていますが、30代以降では、実に半数以上の人が転職を経験していることが分かります。

また、40~50代では、転職を3回以上経験している人が全体の3割程度を占めており、「転職1回」の人よりも多くなっています。

転職回数は選考に影響する?採用企業の傾向

新卒採用中心で終身雇用の慣習が残っている企業では、転職回数を気にするケースもありますが、年代別の転職回数のデータで分かる通り、転職市場において複数回の転職を経験することは、決して珍しいことではありません。業界や職種によっては、採用企業側も求職者の転職回数を以前よりも重要視しなくなっています。特に、ITやWebなど比較的新しい領域の企業や、成長中で中途採用を積極的に行っている企業、外資系企業などにおいて、転職回数よりも経験・スキルを重視した選考が行われています。

なお、トータルの転職回数を気にする企業もありますが、それよりも重視するのが「直近の転職頻度・在籍期間」です。例えば、同じ「40歳・転職回数6回」でも、下記の2つのケースでは、採用担当者の受け取り方は大きく異なります。

A:35歳からの5年間は1社で勤めている場合

B:35歳からの5年間で3社に勤めている場合

トータルの転職回数が同じでも、Bの「直近5年間で3回の転職をしている場合」は、「なぜ直近では転職を繰り返しているのだろう」「入社後すぐに離職するのでは?」といった懸念を抱かれたりすることが多く、選考に影響する可能性が高いと言えるでしょう。

転職社数が多い場合の転職活動のポイント

転職回数が不利にならないようにするには、どのような工夫をすればいいのでしょうか。転職者数が多い場合の転職活動のポイントについて解説します。

キャリアの一貫性を意識し、ポジティブに伝える

転職回数が多い場合であっても、ビジョンが明確でそれぞれの転職で着実にキャリアアップを重ねているのであれば、一貫性があるため転職回数への説明にも説得力が増します。キャリアが一貫していることを意識して、夢や目標に向かって転職を重ねた結果であり、ポジティブな転職であることを採用担当者に対してはっきり伝えるようにしましょう。

経験社数を気にしない業界・企業も検討する

転職回数が多いことをネガティブに捉える企業もありますが、経験・スキルや実績を重視し、転職回数を気にしない企業もたくさんあります。特に、成長中のベンチャー・スタートアップ企業では、事業の拡大に人材の採用が追いついていないため、転職回数を気にしない傾向があります。業界や企業規模の幅を広げることで、経験・スキル重視の企業に巡り合う可能性が高まるでしょう。

職務経歴書にメリハリをつける

履歴書と違って、職務経歴書は必ずしも勤務先を時系列で記載する必要はありません。転職回数が多い場合、時系列で1社ずつ職歴を書いていくと、どうしても転職回数の多さが目立ちます。また、どのような経験・スキルがあるのかを採用担当者が素早く把握することができません。

そこで、職務経歴書をまとめる際は、これまでの職歴を「営業」「開発」「マネジメント」などの業務内容ごとにまとめる「キャリア式」が向いています。「何ができる人物なのか」を採用担当者が一目で理解することができ、転職回数の多さをカバーすることができるでしょう。

※こちらからキャリア式のテンプレートをダウンロードすることができます。