リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

英語を活かした仕事をするには? 転職エージェントの活用法

英語力を活かして活躍したいと考えている人が、転職エージェントをうまく活用して理想の仕事を見つけるにはどうすればいいでしょうか。ここでは、グローバル企業に転職する際に必要な英語力について紹介したうえで、転職エージェントを使う際のポイントを詳しく解説します。

国内グローバル企業や外資系企業に転職するために必要な英語力は?

日系企業、外資系企業に関わらず、英語を使う仕事の場合、TOEIC「650点」または「800点以上」の基準を設定していることが多いようです。

顧客の大半が日系企業だったり、外資系企業が日系企業を買収したりなど、担当業務やポジションによっては必ずしも英語力が求められないケースもあります。ただ、マネジメントクラスとして活躍することを考えているのであれば、ある程度の英語力は必須条件となるでしょう。

中途採用の場合は、英語力よりもスキルが重視される

中途採用の場合、「英語力のみ」が評価されることはそれほど多くはありません。もちろん、高い英語力を持っていることがプラスの要素であることは言うまでもありませんが、あくまで業務を円滑に進めるためのプラスαのスキルとして捉えられるケースがほとんどです。

英語を活かして転職したい場合は、英語力のみをアピールするのではなく、まずは自身のこれまでの経験・実績を振り返り、「何を活かして仕事をしていくのか」を考えることが大切です。

英語を活かした仕事を探す場合の転職エージェント活用法

転職エージェントを利用して英語を活かせる仕事を探す場合、どんな点に気を付ければいいでしょうか。ここでは、押さえておきたい3つのポイントについて紹介します。

英語を活かしたい」ことを伝え、方向性をすり合わせる

まずは転職エージェントのキャリアアドバイザーに「英語を活かしたい」という意思をしっかり伝えることが大事です。

日常業務で英語を使うこと自体は、日系企業でもそれほど珍しいことではありません。日常会話レベル、ビジネスレベル、ネイティブレベルなど、どのくらいの英語力を持っているのか、どの程度活かしていきたいのかによって、応募する求人が変わってきます。ミスマッチを防ぐためにも、まずは方向性をきちんとすり合わせることが重要です。

求める英語力と、実際の使用頻度を確認する

「英語を活かせる仕事」と一口に言っても、求められる英語力は千差万別です。たまに英語を使う程度の職場もあれば、ネイティブレベルの英語力が必須となるケースもあるでしょう。応募先を選ぶ際には、どの程度のレベルの英語力が求められているのかを確認することがポイントです。

また、英語を使う仕事であっても、「海外拠点とメールでやり取りすることが多い」「電話やテレビ会議で英語を使う」「英語での資料作成を頻繁に行う」など、使用頻度や使用シーンはそれぞれ異なります。

英語で日常的に会話することを想定したにも関わらず、実際の業務はほとんどがメールのやりとりのみ、といったミスマッチが起こる可能性もあるので、実際の業務における使用頻度や使用シーンなども必ずチェックしておきましょう。

応募書類や面接へのアドバイスを受ける

英語で応募書類を作成したり、英語面接に臨んだりする際は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しましょう。「相手にうまく伝わっていない」「アピールが足りない」といったことも考えられます。英語を使った応募書類や面接は、プロの視点からアドバイスを受けることが重要です。

特に外資系企業への転職を考えている場合、面接回数が多かったり、本国とのオンライン面接があったりと、日系企業と異なることもあります。選考のポイントに詳しいキャリアアドバイザーから適切な助言を受けることは、転職の成功確率を高めることにもつながるでしょう。