リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

30代の転職で知っておきたいこと

就業経験が短い20代の転職に比べ、30代での転職には即戦力となる経験・スキルが求められるのが一般的です。そこで、30代で転職活動を行う方が知っておきたいポイントについて詳しく解説します。

アドバイザー

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

30代の転職の傾向

転職活動を始める前に、まず転職市場の傾向を知っておきましょう。30代の転職市場の傾向や特徴について解説します。

20代よりも経験・スキルを重視される

30代の場合、採用側の企業も即戦力となる実績・スキルを求めるケースが多くなります。できるだけ経験を活かした転職の方が、有利に進めることができるでしょう。もちろん、未経験の業界・職種への転職が不可能というわけではありませんが、年収ダウンなどが生じる可能性があります。年齢を重ねるに従って、高い専門性やマネジメント経験などを求められる求人が増えるため、キャリアチェンジを希望する場合は早めに行動するようにしましょう。

リーダー・管理職経験を求めるポジションが増える

20代の転職との大きな違いは、リーダーや管理職などマネジメント経験が問われるケースが多くなることです。メンバーの育成・管理を行うピープルマネジメントや、タスクや進捗の管理を行うプロジェクトマネジメントの経験が求められるため、マネジメント経験がない場合は現職でリーダーを任せてもらってから転職活動するという方法も考えられます。

30代の転職で考えておきたいこと

経験・スキルが求められる30代の転職では、どのような点に注意すればいいのでしょうか。転職活動に臨むうえで事前に考えておきたいポイントを解説します。

キャリアの方向性を決めておく

20代で積み上げてきた経験・スキルを棚卸ししたうえで、どの領域・スキルを伸ばしていくのかを考えましょう。将来的にどのようなキャリアを描きたいのかをあらかじめ整理しておくと、求人を選んだり、志望動機を考えたりする際にも役に立ちます。

業界・職種未経験に挑戦する場合は、活かせるスキルを探す

30代で業界・職種未経験の分野にチャレンジしたい場合は、これまでの経験・スキルと共通するものがないかを洗い出してみましょう。例えば、「宝飾品販売」と「不動産営業」の仕事は、扱う商材も職種も異なりますが、【個人】を対象とした【高額商材】を扱っているところが共通しています。転職エージェントの「キャリアアドバイザー」と、企業の「人事担当者」は職種も業界も異なりますが、【求職者】を対象として【採用活動(支援)】を行うところが共通しています。このように、「営業スタイル」「顧客の業界」「商品の価格帯」「業務内容」などに共通項を見いだすことができれば、自己アピールの材料として活かすことができるでしょう。

条件の優先順位を決める

社会人経験が長くなると、転職に際してさまざまな希望条件を設けてしまうケースが増えます。譲れない条件を持つことは大切ですが、あまりに高望みをしてしまうと、希望通りの求人がなかなか見つからず、転職活動が長期化してしまう可能性もあります。希望条件を、「譲れない条件」と「望ましい条件」の2つに整理し、優先順位を明確にしておけば、転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。

30代の転職の注意点

実際に転職活動を進めていく際に、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。30代の転職の注意点について解説します。

応募先の企業を絞りすぎない

応募先の企業についてはできる限り柔軟に考え、最初から現職以上の条件にこだわったり、同業界・同職種に固執しすぎたりしないことが重要です。年収については、最初から高い年収を求めるのではなく、応募企業に入社してから実績を上げて給与アップを実現するという方法もあります。また、勤務地や転勤有無など働く場所の希望に関しても、テレワークなど柔軟な働き方を取り入れる企業も増えているため、現時点での条件にこだわりすぎると選択の幅を狭めてしまうことになります。視野を広げてみることで、思いがけないチャンスに出会える可能性も十分考えられるでしょう。

企業の期待値を上げすぎない

30代の中途採用は「即戦力としてバリバリ活躍してくれる人」を求める傾向にあります。そのため、「できないこと・やったことがないこと・知らないこと」については、決して背伸びをせず、話を盛らないようにしましょう。多少知っている程度のことや、あまり深く携わったことがないことを、安易に「できる」と言い切ってしまうと、入社後にプレッシャーになる可能性があります。ギャップが大きかった場合は、評価ダウンにつながるばかりか、会社に居づらくなることも考えられます。

働くイメージが曖昧なまま入社を決めない

内定承諾までに分からないことは素直に質問し、できるだけクリアにしておくことが大切です。仕事内容のほかにも、入社後のキャリアパス、働く環境、業務で使用するツール、勤務時間などを含めた働き方、企業のカルチャー、人事評価などを確認し、高いモチベーションを保ちながら働けるかどうかを具体的にイメージするようにしましょう。

新たな環境では、誰しも何らかの違和感を覚えるものですが、30代の場合、ミスマッチを感じる状況下でも、期待された成果や実績を出すことが求められます。「入社前に想像していたのと違う」という強いギャップを感じると、モチベーションが著しく低下し、本来のパフォーマンスを発揮できない可能性があります。憶測で期待を抱くのではなく、自分の期待値と実情をきちんと照合したうえで入社を決めることが大事です。

30代の転職Q&A

30代の転職にまつわる「よくある疑問・質問」にお答えします。

35歳限界説って本当?

以前はよく言われた「35歳限界説」ですが、現在は転職市場も変わりつつあり、30代後半であっても、望み通りの転職を実現できるケースは増えています。ただし、年齢が上がるほど、年収などの条件も高くなるため、希望にマッチする求人が少なくなる傾向はあります。長期戦も視野に入れながら、根気強く転職活動を行うようにしましょう。

30代で年収アップは可能?

条件によっては可能です。厚生労働省が行った平成30年雇用動向調査(※)によると、転職入職者の賃金変動状況について、「前職よりも賃金が増えた」という人の割合は、30~34歳で44.7%、35歳~39歳で39.5%という結果になっています。また、「1割以上の増加」と回答した人は、30~34歳で32.0%、35歳~39歳で28.6%でした。およそ4割の人が実際に年収アップを実現していることから考えても、可能性は十分にあるといえるでしょう。

出典:厚生労働省 平成30年雇用動向調査 「転職入職者の賃金変動状況別割合」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/index.html

未経験でも転職できる?

30代で未経験の業界・職種に転職するケースもあります。ただし、即戦力を期待する企業も少なくないため、採用のハードルは高くなりがちです。経験者の応募者が他にいた場合、比較検討されて選考で不利になるためです。年収などの待遇面の優先順位を下げたり、応募数を増やしたりするほか、前職の経験・スキルとの共通項を探すといった工夫も必要になるでしょう。