リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

40代の転職のポイントと成功例・失敗例

「早期退職」も含め、キャリアの転換期を迎える方も多い40代。昨今の40代の転職の傾向や、転職成功のためのポイントについて、組織人事コンサルティングSegurosの粟野友樹氏に解説いただきました。40代の転職の成功例・失敗例もご紹介しますので、キャリアを考えるヒントにしてみてください。

【アドバイザー】

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野 友樹(あわの ともき)氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

40代転職の傾向

近年、拡大している大手企業の「早期退職制度」。対象を「45歳以上」と設定する企業も多く、40代でセカンドキャリアを考える方が増えています。一方、日本では少子高齢化に伴い、労働人口が減少へ。この流れを受け、企業では40代以上の人材の採用・活用を推進する動きが見られます。

そのため、「ミドルシニアの転職は厳しい」と言われていましたが、以前よりもチャンスは広がりつつあります。ただし、40代ともなると求人企業側・求職者側ともに求める条件が多いため、マッチングが難しくなる傾向があります。

40代人材への企業側のニーズ

40代の人材を積極的に受け入れているのは、中堅企業や中小ベンチャー企業、スタートアップ企業など。専門スキルを活かして即戦力となり、リーダー・マネジャーとして組織を率いる人材、IPOに向けた準備を担う人材を求めています。特に、20~30代の若手層が多いベンチャーやスタートアップなどでは、若手の指導・育成、組織の仕組みづくりに期待を寄せています。「CxO」や、その候補として迎えられるケースも多数あります。

一方、大手企業でも、新規事業開発で異分野に乗り出したり、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」「SDGs」などの取り組みを推進したりするにあたり、その分野の専門知識を持つ40代を採用するケースが見られます。

いずれにしてもピンポイントの経験・スキルを求める採用。「ITエンジニア」「建築施工管理」といった人材不足の専門職は年齢を問わず一定数の求人があるものの、全体的には求人数が限られています。40代の採用は、責任者やプロフェッショナルとして事業に影響を与えるため、企業側も慎重に選考を重ねる「厳選採用」となるケースが多いと言えます。

40代の求職者側のニーズ

40代は、家庭を持ち、住宅ローンや子どもの養育費を背負う方も多い年代。収入を下げられない事情を抱え、「年収維持」を希望する傾向が強く見られます。しかし、年収水準が高い大手企業などから中堅・中小企業やスタートアップに転職する場合、給与条件の折り合いがつかないこともあります。また、「管理職として転職したい」など、役職にこだわる方も少なくありません。

若手と比べて譲れない条件が増えるため、40代のミドルシニア層の転職は、求人を厳選する傾向が強くなると言えます。

40代転職のポイント

40代での転職を成功させるために、意識しておきたいポイントをお伝えします。

自身の経験・スキルを整理し、転職市場価値を掴む

大手企業で20年以上経験を積んできた方が転職市場に出てみると、自身が思っていたほど評価されず、転職活動で苦戦した…というケースは少なくありません。そこで、まずは自身の経験・スキルの「転職市場価値」を理解することが大切です。

40代は経験が豊富だからこそ、キャリアの整理が不十分となりがちです。これまでの経験を網羅的に応募書類に盛り込んだ結果、相手企業に「強み」が伝わらず、書類選考を通過できないケースもあります。転職市場でのニーズをつかんだ上で、どの経験・強みを武器に転職活動に臨むのかを決めましょう。

なお、一昔前は、年齢が高くなるほど「同業界・同職種」への転職を目指すのが一般的でしたが、近年は異業界や異職種への転職事例が増えています。先ほども触れたように、異分野に参入して新規事業を立ち上げる企業がその分野のベテランを採用するなど、自身が想像していなかった業種の企業で経験・スキルが活かせるケースもあります。視野を広げて、自身の経験・スキルが活かせる場所を探してみましょう。

「条件」にこだわりすぎない

業界・企業規模・年収などの諸条件・勤務地など、条件にこだわりすぎると、選択肢が限られてしまいます。希望条件を満たす企業がなかなか見つからず、転職活動が長引いてしまう事態に陥りかねません。
「できれば叶えたい」という希望条件はいったん外し、幅広い求人に目を向けてみることで、チャンスが増えるでしょう。

謙虚な姿勢を心がける

高度な経験や優れた実績を持つ方ほど、謙虚さを忘れない姿勢が必要です。応募企業で自身の経験・スキルが活かせることを自信満々にアピールした結果、採用担当者が「この人が入ることで組織バランスが崩れるかもしれない」「自身のやり方に固執して、既存社員と衝突するかもしれない」といった懸念を抱き、採用を見送るケースもあります。

応募企業のやり方を受け入れた上で、自身の経験を活かしていこうとする姿勢があれば、採用担当者に安心感を持ってもらえるでしょう。企業側は「成果を挙げてくれるかどうか」と同時に、「この人と一緒に働きたいかどうか」を見ているのです。

また、入社当初から高い給与や役職を求めた場合、「そのとおりの条件で受け入れたら、既存社員から反発が生じそう」と不安視され、採用を見送られる可能性もあります。応募企業の事情にも配慮して条件のすり合わせをする、提示された条件を受け入れ入社して成果を出して希望を叶える、などの方法を検討する必要があります。

「できること」だけでなく「やりたいこと」を伝える

「こんな仕事をしてきました」「こんなことができます」だけに終始する人に対して、物足りなさを感じる企業もあります。マーケットは常に変化しているため、すでに実績を積んできた人であっても「変化」にチャレンジする姿勢が求められます。

「入社後、何がやりたいのか」「何を目指すのか」といった目標や将来ビジョンを語れるようにしておくことで、前向きな意欲が伝わるでしょう。

マネジメント経験がマッチする企業を探す

40代となると、マネジメント力が注目されます。
自身が経験してきたマネジメントを振り返り、人数規模・対象層・手法などを整理した上で、マネジメント経験が活かせる企業を探してみてください。業界が異なっても、対象層や手法が共通していれば、マネジャーのポジションで受け入れられることもあります。

スタートアップ企業などでは、組織を一から立ち上げたり、混沌としている組織を整えたりするマネジメントを求めるケースも多くあります。「新規部署」や「子会社」など新たな組織の立ち上げの際のマネジメント経験を持つ方は、ぜひそのプロセスや工夫を整理してアピールしてはいかがでしょうか。

40代の転職・成功例

40代の転職の成功例をご紹介します。

一時的な年収ダウンを受け入れ、大手からベンチャー企業へ

大手企業系列のSIerで課長職・プロジェクトマネジャーを務めていたAさん(40代前半)。「伸びている技術分野で、自社サービスを手がけたい」と考えて転職活動を行い、AI(人工知能)ベンチャー企業に開発部長として迎えられました。その企業は急速に組織が拡大していたことから、大規模組織のマネジメント経験を持つ人材として、Aさんに期待を寄せたのです。

年収は100万円ほどダウンしましたが、「会社の成長に貢献することで、将来的に年収を上げられる」と考え、入社を決意されました。

役職定年を目前に、新しいチャレンジに踏み出す

金融機関のグループ会社で情報システム部門の管理職を務めていたBさん(40代半ば)は、数年後の役職定年を控え、キャリアの先行きへの限界を感じていらっしゃいました。

会社に残って裁量権もやりがいも持てない仕事を続けるよりも、経験を活かしてチャレンジがしたいと考え、早期退職を決意。ITベンチャーの情報システム部門に、執行役員候補の部長職として採用されました。前職の年収も維持し、この先も長く働いていけることに安心されたようです。

40代の転職・失敗例

40代の転職の失敗例をご紹介します。

カルチャーギャップを受け入れられず、転職先企業を早期退職

Cさん(40代前半)は、大手コンサルティングファームから100人規模のITベンチャーへ転職されました。年収は数百万円ダウンとなりましたが、企業理念に共感したこと、成長性に魅力を感じたことから転職を決めたのです。

しかし、実際に入社してみると、大きなカルチャーギャップを感じることになります。前職では、論理的思考で課題を分析し、緻密な戦略を練った上で実践に移していました。ところが転職先のベンチャー企業では、勢いがある若手社員たちが「考えるより先に行動を起こす」というスタンスで活動していたのです。

仕事の進め方にも風土にもなじめないと感じたCさんは、1年も経たずに退職されました。

業界・職種は同じでも、「フェーズ」が異なり、経験が活かせなかった

Dさん(40代前半)は、IT企業でカスタマーサクセスを担当していました。しかし業績不振に陥り、業務縮小方向へ向かっていたため、転職を決意。前職と近いサービスを手がけるIT企業へ、前職と同じカスタマーサクセスとして入社されました。

業界・職種経験をそのまま活かせると考えていたDさんですが、入社直後からギャップに気付きます。前職では、仕組みが出来上がっている中でルーティン業務を回していたのですが、転職先企業はこれからカスタマーサクセス部門を整備していくフェーズにあったのです。

「一から仕組みを作ってほしい」と言われて取り組んでみたものの、成果を出せず。居づらさを感じ、短期間で退職されました。

40代の転職で知っておきたいこと

40代で転職を検討する場合、経験が豊富であるからこそ、「強みはどこか」を自己認識し、それを活用できるポジションを探すことが大切です。

しかし、一人で自己分析をしようとしても、なかなかうまくいかないこともあります。客観的視点を持つ転職エージェントに相談し、キャリアの整理や転職市場価値の診断、活躍の可能性を探るためのサポートを受けてみるという方法もあるでしょう。