リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

転職の最終面接で聞かれる質問と回答例、逆質問のポイント

採用選考の最後に行われるのが「最終面接」です。社長や経営陣が面接担当を務めることが多いことから、「社長面接」「役員面接」と言われることもあります。ここでは、ハイクラス層が最終面接でよく聞かれる質問内容とその回答例、さらには逆質問を求められた際の対処法について詳しく解説します。

【アドバイザー】

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野 友樹(あわの ともき)氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

最終面接とは? 一次・二次面接との違い

最終面接とは、採用選考の最後に行われる面接のことで、これを経て正式に内定とするかどうかの最終判断が下されます。

一次・二次面接では、人事担当者や現場責任者が面接を行い、求める人物像や仕事内容がマッチしているのかを確認します。一方、最終面接では、多くの場合、社長や役員、事業責任者などが面接に立ち会い、会社のビジョンや社風と合っているか、応募者が描く将来像と会社の方向性が合っているかなどを最終確認します。

志望する企業や募集しているポジションによっては、3回以上の面接を経たうえで最終面接に至るケースがある一方、小規模な企業などでは、書類選考の後、面接を1回行うだけで採否が決まることもあります。

最終面接の準備のポイント

最終面接の前にこれまでの面接を振り返り、最終面接で話す内容を整理しておくことが大切です。そのためにどのような準備をすればいいのかを詳しく解説します。

経営理解を深めておく

すでにいくつかの面接を経て最終面接に到達しているため、この段階では志望企業の情報を十分に収集済みでしょう。ただ、最終面接では、経営層が面接に立ち会って最終決定を下すことになるため、より高い視座や広い視点で企業を深く理解しておくことが重要です。熱心に経営理解を深める姿勢は、志望意欲の高さの裏付けとなるでしょう。

例えば、企業のホームページなどから直近のプレスリリースやIRをチェックしておくほか、雑誌や新聞のインタビュー記事などもひと通り目を通しておくと万全です。これらの情報に触れておけば、最終面接の場で逆質問を求められた際にも役立ちます。

長期的な視野で語れるようにする

一次・二次面接の段階で、スキルがマッチしていること、戦力として活躍してくれそうであることは、採用担当者がすでに確認済みです。最終面接では、直近の実績やこれまでに得たスキルではなく、より長期的な視点に立ったうえで実現したいことや目標などを質問される可能性が高くなります。応募企業で長期的に活躍したいという意欲を伝えるために、「5年後、10年後にどうなりたいか」など、将来の見通しを語れるように準備しておきましょう。

志望動機をしっかりと考えておく

志望動機については、一次・二次面接でもすでに聞かれているケースが大半です。自分自身がこれまでに伝えた志望動機を確認したうえで、最終面接で語る将来像との間に矛盾が生じていないか注意しておきましょう。

最終面接で聞かれやすい質問と回答例

最終面接では、どのような質問をされることが多いのでしょうか。ハイクラス層が最終面接で聞かれやすい3つの質問とその回答例をご紹介します。

質問1:マネジメントする上で、最も大事にしていることは何ですか?

回答例

成功したプロジェクトでは、過去の失敗体験も踏まえ、ブレない世界観と明確な目標をメンバーに提示し、半年間のプロジェクトで毎日伝え続けました。単に目標を伝えるだけではなく、皆が共有しやすいチーム内でのスローガンなども考え、日常業務を通じてメンバーが目標を自然に意識できるような施策を行いました。

最初は目標達成に懐疑的だったメンバーも変化が見られ、プロジェクトの後半は私が何も言わなくても自走するチームになっていました。マネジメントする上で私が大事にしていることは、チームの方向性を明らかにするブレない目標設定と、それをいかにうまく継続して伝えていくか、だと考えております。

質問2:あなたにとっての営業とは何か、を教えてください。

回答例

営業とは、小さな信頼を積み重ね、顧客の潜在的なニーズを顕在化することだと私は考えております。3年前、自社との取引額が少ない業界中堅企業を前任から引き継いだ際、顧客からは「今まで通りでいいからね。提案はいいよ」と言われる状態でした。小さな信頼を積み重ねることが大事だと考え、隔週の定期ミーティングを依頼し、異業界の事例を基にした提案などを諦めずに継続していきました。

半年ほど過ぎた頃、顧客の姿勢が徐々に変化していき、追加の発注をいただくようになりました。これに着実な成果で応えていくことでさらなる信頼を獲得し、私自身も顧客の事業課題を深く把握することにつながり、顧客が気づいていない潜在的な部分に関する提案もできるようになりました。

結果、「今後は役員同席の定例ミーティングをしましょう」と顧客側から提案され、より金額の大きな受注を複数いただくようになりました。現在は、社内で売上上位Top5の企業にまで取引が拡大しております。

質問3:最も成功した・失敗したビジネス上の経験と、成功のポイントや反省点を教えてください。

回答例

現職の社内事業提案コンテストで表彰され、事業化の責任者を担ったプロジェクトが、学びの多い失敗体験です。営業の現場経験から発想したプロジェクトで、既存顧客へのクロスセルを行うことができる「○○人材の管理サービス(SaaS)」を作る、という内容でした。

自社メイン事業との親和性が高いことから事業化のGoサインが出て5名でスタートしました。しかし、自分を含め会社の中にSaaSプロダクトづくりの知見がなく、無料でも活用いただけない状態が続きました。会社からは半年以内に継続か中止かの判断をすると通告され、追い詰められました。

気持ちを切り替えて、事業プランのブラッシュアップを図り、問題点を洗い出してすぐに改善したほか、既存事業の営業と同行訪問するなどの地道な取り組みを繰り返し、1年後に単月黒字化を達成することができました。

まだ売上規模が5億円と事業規模も小さいものの、プロダクトや組織体制を徹底して考え抜き、常に改善していくことを、この失敗経験から学ぶことができました。この経験は、新しい事業づくりや、既存事業の変革フェーズ等で活かせると考えております。

最終面接で聞いておきたい逆質問

最終面接では面接担当者である経営層から逆質問を求められるケースがありますが、会社の今後の方針などを直接聞くことができる絶好の機会です。逆質問で聞いておきたい内容について詳しく解説します。

目指す姿や注力する領域など、経営に関する質問

一次・二次面接などでは、人事担当者や現場責任者が面接を担当することが多いため、会社の経営全般に関わる事項については、質問したとしても明確な答えを得ることは難しいかもしれません。一方、最終面接では、経営層にダイレクトに質問して回答を得られるため、今後の方向性や将来性などをより正しく把握することができます。「目指す会社の姿」や「注力する領域」などについて話を聞くことができれば、複数の企業から内定が出た際の会社選びにも役立ちます。

これまでの面接で払しょくできなかった疑問点

一般的に最終面接は、応募企業に対面で質問できる最後の機会です。一次・二次面接などを通じて疑問に感じた点、十分に聞くことができなかった点などを、漏らさず質問するようにしましょう。最終的に入社するかどうかを正しく判断するためにも、疑問点は必ずクリアにしておくことが重要です。

なお、疑問点については、経営層などに聞くべき内容(企業、事業、組織の方向性など)と、人事などに後で聞くべき内容(労働条件など)を、きちんと切り分けて質問するようにしましょう。最終面接は経営層に聞くべき質問のみにして、その他の疑問は人事にメールなどで確認し解消しておきます。

意欲を伝える質問

逆質問を通じて、自身の入社意欲の高さをアピ―ルするのもよいでしょう。例えば、「私が入社した場合には~」、「私自身は○○と思いますが~」といったフレーズを付けて話すと、当事者意識を持っていることが分かるため、面接担当者に自身の入社意欲が強いことをより明確に伝えることができるでしょう。

なお、質問をする際は「○○についてどのようにお考えですか?」など、抽象度が高く相手に丸投げするような聞き方をするのは避けましょう。「自分はこういう見立てですが、マーケットにおける○○のポジションについてどのようにお考えでしょうか?」など、業界・企業研究をした上での仮説を持って、具体的に質問するようにしましょう。