リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

転職が難しい人の特徴は?うまくいかないケース別に対策を紹介

転職活動をスタートした後「想定していた以上に難しい」と感じるケースは少なくないでしょう。うまくいかないと感じた際は、活動内容を見つめ直し、改善していくことが大切です。組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタントの粟野友樹氏に、転職活動が難しいとされる人の特徴や、よくある「転職の難しさ」を感じるケースと対策について伺いました。

【アドバイザー】

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野 友樹(あわの ともき)氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「転職が難しい」とされる人の特徴とは?

転職活動において、うまくいかない傾向にある人の特徴を解説します。まずは「転職が難しい」とされる人の要因を客観的に理解し、今後の活動の参考にしましょう。

本人の希望と市場価値にギャップがある

自己評価が高いために、自身の経験・スキル・実績を客観的に把握できていない人は、市場価値に見合っていない企業を志望するケースがよくあります。企業が求める人材要件(経験・スキル・実績など)を満たしていない場合、選考を通過することは難しいでしょう。有名企業や大手企業ばかりを狙うケースもありますが、こうした企業は人気が高く、競争倍率も高いため、書類選考の時点で募集している人材要件を満たしていると評価されなければ、面接に進むことも難しいと言えます。

短期間で転職を繰り返している

多くの企業は、「入社後の定着性」を評価ポイントの一つとしています。短い期間に転職を繰り返している人は、企業から定着性を疑問視されやすく、選考を見送られるケースがあります。また、短期間しか勤務していないことで「それぞれの業務における経験が浅い=スキルが身に付いていない」「募集している人材要件にマッチしない」と判断される可能性もあります。

現職への不満などが転職の理由となっている

転職を目指す理由が「現職の職場や待遇などに対する不満」のみであった場合、人間性や定着性を不安視される可能性があります。「他責の傾向があり、改善行動をしない」「どこの職場でも同じ壁にぶつかり、入社後も再度転職を繰り返す可能性がある」などと判断されるケースもあるでしょう。また、転職の目的が明確でないことから「応募企業や応募職種を志望するだけの根拠や説得力に欠ける」と判断されるケースもあります。

転職活動の準備・対策ができていない

市場価値が高い人材の場合でも、自身の経験・実績・スキルの棚卸しができていないケースです。応募企業にマッチする強みを明確にしていなければ、応募書類にアピールできる内容を書くこともできず、書類選考に通過することが難しくなります。同様に、面接選考に向けてアピールしたい内容を整理するなどの準備をしていないために、端的に要点を伝えることができないケースもあります。

募集している人材要件にマッチしていても書類選考や面接選考に通過できない人は、自己分析や企業研究、書類・面接などの準備・対策ができていないケースが少なくありません。一方「万全に準備・対策をしているが、選考に通過できない」という場合は、自身の市場価値にマッチする企業を探せていない可能性もあります。また、準備・対策の際に整理したアピールポイントが、そもそも企業が求めている人材像とずれている可能性もあるでしょう。

転職を難しいと感じるよくある5つのケースと対策

ここでは、求職者が転職活動に難しさを感じるよくある5つのケースの要因を解説し、それぞれの対策もご紹介します。

情報収集が難しい

転職における目的や今後のキャリアに対する軸が明確になっていない場合は、何をポイントに情報収集すればいいのかわからず、膨大な情報の中から自身が求めるものを探すこともできなくなるでしょう。

漠然と業界・職種のみで探すのではなく、絞り込むポイントを明確にすることが大切です。まずは「転職することで何を実現したいのか」「どのようなキャリアに進みたいのか」を考え、自身の軸を明確にしましょう。それらを実現できそうな企業を探す意識を持てば、膨大な求人からも取捨選択がしやすくなり、有益な情報収集につなげることができます。

希望条件が高すぎてマッチする求人が見つからない

自己評価が高く、企業に望む条件が多すぎる・高すぎるケースです。大企業・有名企業などに在籍している場合、恵まれた待遇を当たり前に感じていたり、企業のネームバリューがそのまま自身の市場価値だと思っていたりするケースがあります。

こうした場合は、転職市場の状況と自身の市場価値を知ることから始めましょう。企業がどのような待遇・条件で人材募集をしているのか、自身の市場価値とマッチする企業がどの程度あるのかなど、転職市場の相場観を把握することが大切です。全ての希望条件を満たす企業はそう簡単には見つからないことを理解した上で、希望条件に優先順位をつけ、優先度の高い項目にマッチする企業を探すと良いでしょう。

自身の経験・スキルで通用しそうな求人が見つからない

「募集している人材要件を満たすほどの経験・スキルがない」と感じてしまうケースです。自己分析が足りず、自身の市場価値を過小評価している可能性があります。これまでやってきたことを細かく棚卸しして、応募したい企業・職種に対し、発揮できる強みを洗い出しましょう。

その上で、「やはり要件を満たしていない」と感じた場合でも、意欲や志望度の高さで採用される可能性もあるので、熱意が伝わる応募書類を作成して応募してみることもお勧めです。また、目指すキャリアに対し、今回の転職を第一歩とし、ステップアップしていく道もありますし、現職にとどまって必要な経験を積み、スキルを身に付けてから再度チャレンジすることもできます。諦めずに方法を探してみましょう。

選考過程を通過することが難しい

書類選考や面接に通過しないケースです。書類選考に難しさを感じている場合は、アピールする内容を再度見直し、自身の経験・スキル・強みをその企業でどう活かせるのかを職務経歴書にしっかりと書くように意識しましょう。面接選考に難しさを感じている場合は、語るエピソードを整理し、より具体的に自身の強みを伝える内容へと改善しましょう。面接の際にうまく話せない場合は、模擬面接などで練習を行って改善することも大切です。オンライン面接が苦手だと感じていたら、模擬面接の様子を録画して確認・改善することもできます。

また、応募する企業や職種を絞り込み過ぎているケースや、そもそもの応募総数が少ないケースもあります。業界・職種などの幅を広げると同時に、転職先に求める年収条件などの設定を再度見直してみましょう。より多くの企業に応募することで、自身にマッチする企業に出会える可能性を広げることができます。

年齢の壁を感じる

転職市場においては、年齢が上がるほど、高い専門性やマネジメント・スキルが求められます。特に30代以降は、責任あるポジションやポストを任される傾向があり、採用枠そのものも20代と比べて少なくなると言えるでしょう。自身の希望や経験・スキルにマッチする求人が見つからないと感じた場合は、「転職方法そのものを見直してみる」という方法があります。転職エージェントの活用やリファラル採用(社員による紹介制度)の橋渡しをしてもらえそうな知人を探してみましょう。

一方、選考通過が難しいと感じた場合は、これまでの経験を活かせる同業界・同職種に絞って応募してみましょう。即戦力として活躍できるスキルをアピールしやすいので、より採用の確率は高まりますし、年収やポストなどの待遇面でステップアップできる可能性もあります。反対に、異業種や未経験職種への転職を目指す場合は、年収などの条件がダウンする可能性もありますが、新たなキャリアを築くために必要なことだと考えましょう。
また、年齢を重ねている場合は、企業文化や職場の風土に馴染めることを重視する企業も多いので、柔軟な姿勢や協調性をアピールすることもポイントです。チームワークが必要な仕事の場合は、そうした経験もアピールしておきましょう。

「転職の難しさ」を感じたら、早めに転職エージェントやスカウトサービスに相談を

転職が難しいと感じたり、うまくいかずに長引いたりしている場合には、何らかの対策すべきポイントがあると言えます。しかし「自分一人ではどう改善すればいいのかわからない」というケースも少なくはありません。こうした場合は、転職エージェントやスカウトサービスに相談すると良いでしょう。客観的なアドバイスで解決・改善が必要なポイントを知ることができますし、転職市場の状況や自身の市場価値を把握することにも役立ちます。

また、転職エージェントやスカウトサービスでは、膨大な情報の中からマッチする転職先を選定・紹介するため、情報収集で悩むこともありません。このほかにも、転職先に望む条件の洗い出しや優先順位の付け方、キャリアの棚卸しやキャリアプランの見直し、職務経歴書作成や面接練習のサポートなど、さまざまな面でアドバイスを受けることができます。転職活動を長引かせることなく、迅速に次のキャリアに進むためにも、転職エージェントやスカウトサービスに早めに相談することをお勧めします。