リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

転職を成功させるために知っておきたいこと

転職活動に取り組んでいる時は、誰もが「転職を成功させたい」と考えますが、「転職成功」の定義は人によって異なります。そこで、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、転職を成功に近づけるためのポイントや、成功を掴む人の特徴について伺いました。

【アドバイザー】

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野 友樹(あわの ともき)氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「転職成功」は人によって異なる

転職の成功を考えるうえで大事なのは、「正解は一つではなく、転職を考えている人の数だけある」ということです。成功したかどうかを判断するのは、あくまで自分自身。自身にとっての「転職成功の定義」をきちんと持っておくことが大切です。以下の3つの点を確認し、自分なりに整理してみましょう。

転職理由と目的

まずは転職の理由や目的が何かを確認しましょう。例えば、現職では有形商材の営業職に従事しており、「無形商材を取り扱うことでスキルの幅を広げたい」ということが転職の目的であれば、仕事の内容が目的に合う企業に転職することを「成功」と定義し、企業の規模や年収については優先順位を下げて考えます。

一方、「評価方法が明確な職場で、モチベーション高く営業活動を行いたい」ということが転職の目的であれば、実績に応じた評価制度を設けている営業職への転職を「成功」と定義し、実績を上げられなかった場合の年収ダウンなども念頭に入れておきましょう。

個人の属性

次に、個人の属性(経験・スキル、職種など)から「成功」を考えます。例えば、未経験でプログラマーになり、将来的には自社サービスの開発に携わりたいと考えているのであれば、まずはプログラマーとして転職できることを「成功」とし、自社サービスを開発するなどの将来のビジョンは優先順位を下げて考えます。一方、経験・スキルが十分あるSEであれば、プロジェクト全体を任されるマネジメントポジションへ転職できることが「成功」になる場合もあるでしょう。

置かれている状況

さらに、置かれている状況(在職中または離職中、家族の状況、仕事の繁閑など)から「成功」を考えます。扶養家族がいるのでとにかく年収を重視したいという人は、仕事の内容や企業の知名度よりも年収アップが「成功」となるでしょう。家族との時間を確保することが目的なのであれば、ワークライフバランスを保てることが「成功」だと言えます。

上記の3つのポイントについて、自身にとって何が成功なのかを書き出し、その中で優先順位をつけておくと、「自分なりの転職の成功」を定義しやすくなります。

転職失敗を招きやすい5つのケース

転職活動を成功させるために、失敗に陥りやすいケースを理解しておくことが重要です。転職失敗を招きやすい5つのケースを挙げて解説します。

条件を限定しすぎて転職活動が長期化する

年収やポジションなどの希望条件を増やしすぎたり、こだわりすぎたりするのは注意が必要です。企業規模や年収など、多くの条件に固執すると、合致する求人が少なくなることに加え、好条件の求人は応募者の数も多いため、選考を通過できずに転職活動が長期化する可能性が高くなります。

目的や優先順位を整理せずに進めてしまう

収入面にこだわるのか、仕事内容を優先させるのかなど、何を重視するのか整理しておかないと、的確な判断を下すことができません。その結果、転職活動が行き当たりばったりになり、チャンスを逃すことになるかもしれません。

安易な選択をしてしまう

現職を勢いで辞めるのは要注意です。転職先を見つける前に退職してしまうと、転職先が思うように決まらない場合、内定獲得への焦りから適切な判断ができなくなる可能性があります。焦らずに転職先を決めるために、転職先を確保してから退職することが重要です。

事前準備不足で選考を通過できない

選考を通過するためには事前準備が重要です。特に志望度の高い企業や、選考が進んでいる企業で不合格となると、精神的にも負担がかかるものです。また、不採用が続くと転職活動を継続するモチベーションが維持できなくなるため、一時中断するなど転職活動が長期化する可能性があります。

家族やパートナーに相談していない

内定が出てから家族やパートナーに転職を伝え、想定外の反対意見が出てやむなく内定辞退をするケースは少なくありません。転職は、家族やパートナーの生活にも影響を及ぼします。事前に理解を得ずに進めてしまうと、内定を得たにも関わらず転職できないこともあり得ます。

転職成功のために知っておきたい3つの基本事項

前述の「失敗を招きやすいケース」に注意するとともに、以下の3つの基本事項を意識するようにしましょう。

できるだけ会社を辞めずに転職活動する

転職活動は、心身に無理のない範囲で、できるだけ現職を続けながら行うようにしましょう。転職先が思うように決まらないと焦りが生じ、条件面などで妥協する可能性が高くなるからです。また、転職期間が長期にわたった場合、職務経歴に空白期間ができ、企業の採用担当者にマイナスの印象を与える可能性もあります。

家族・パートナーには事前に相談しておく

「なぜ転職をするのか」「どのような条件を優先して転職先を選ぶのか」など、転職活動を始める前に家族と話し合い、合意を得ることが大事です。転職に対して家族への理解を促し、応援してもらえる状況を作っておくようにしましょう。

転職活動に多様な選択肢を持つ/検討する

転職活動の方法は一つに絞る必要はありません。とにかく選択肢を増やすことを心掛けてください。例えば、転職エージェントからの紹介を受けながら、自分でも求人サイトで検索するなど、さまざまな方法を同時に活用しましょう。SNSを積極的に活用してみるのも有効です。また、従業員の紹介で採用する「リファラル採用」を導入している企業も増加しているため、知人にも声をかけてみましょう。もし知人を経由して応募することができれば、採用に至るまでの期間を短縮できる可能性もあります。

転職を成功に近づける転職活動のポイント

転職活動を成功させるためには、どんな点に注意すればいいのでしょうか。成功への近道となる4つのポイントを挙げ、それぞれを詳しく解説します。

自己分析を行い、強みを明確にする

自己分析を行うことは、転職活動に欠かせない「自身の強み」を見極めることにつながります。特に社会人経験の長い方が転職活動を始める場合、これまでに得た経験・スキルのうち、どの強みを軸にして転職活動を進めていくのかが重要になります。まずキャリアの棚卸しを行って、経験・スキルを整理してキャリアの方向性を明らかにしましょう。

転職エージェントを活用しアドバイスを得る

失敗を未然に防ぐために、転職のプロである転職エージェントをうまく活用しましょう。豊富な転職支援実績や転職ノウハウを持っているため、自身の転職市場価値を客観的な視点で確認できるうえ、給与などの条件の相場を正確に把握することが可能です。応募書類や面接のアドバイスなども無料で受けられるので、積極的に活用してみてください。

同時に複数の求人に応募する

転職に成功した人の多くが、同時に複数企業に応募しています。反省をすぐに活かせるため面接スキルが向上しやすいうえ、まとめて応募することで内定時期を揃え、転職活動期間を短くすることができます。1社1社応募し「選考結果が出てから次に応募する企業を決める」という進め方では、転職活動が長期化します。また、内定が出ても比較検討する企業がないため、「他に条件の良い求人があるのでは…」と迷いが生じやすくなります。例えば同時にXX社に応募し、書類選考通過がXX社、内定がX社など、同時期に選考を揃えることで、複数社の中から入社する企業を選ぶことができるため、転職の満足度が高くなります。

条件交渉は内定前に行う

一般的に、応募者の経験・スキルや人柄、給与、勤務地、入社日などを総合して、企業は内定を出しています。そのため、内定が出てから条件交渉を行っても、希望を受け入れてもらえる可能性は少ないでしょう。希望を受け入れてもらえず、せっかく出た内定を辞退したり、不本意なまま内定を承諾したりすることは避けたいものです。譲れない希望条件がある場合は、内定が出る前に面接の場などで伝えるようにしましょう。

転職を成功させる人の特徴と共通点

転職を成功させている人には、どのような共通点があるのでしょうか。転職に成功している人の考え方や具体的な行動について紹介します。

自身を客観視できている

転職市場は売り手と買い手の需給バランスで成り立っています。企業からのニーズが高い経験・スキルを持つ人は選考で有利になり、希望条件を受け入れてもらいやすくなります。一方で、企業の採用ニーズを満たしていない場合は、企業の知名度や給与などの優先順位を下げるなど、条件との折り合いをつけなければなりません。こうした転職市場でのニーズを理解し、自身を客観視できていると、転職における軸が明確になります。その結果、不本意な転職を避けることができるでしょう。

条件にこだわりすぎない

希望条件があまりに高いと、転職先がなかなか決まらず、結果的に失敗してしまう可能性が高くなります。特に大手企業からの転職を考えている場合、現職の条件にこだわりすぎると、条件に見合う求人自体が見つからず、想定以上に転職活動が長引く可能性も考えられます。条件にこだわることも大事ですが、優先順位をつけて妥協範囲を整理しておくことが、納得できる転職を実現するためのポイントです。

長期的な視野で考えている

目先の条件に捉われたり、現職への不満が高じたりして、勢いで転職先を決めてしまうのは失敗を招く典型例の一つです。自身のキャリアを長期的な視点で考え、自身の将来像にマッチしているかどうかを冷静に判断して企業選びをすることが、長期的な成功につながります。できる限り「転職先を見つけてから退職する」ことを意識し、「転職先が転職理由にマッチしているか見極める」ことが重要です。

応募書類と面接対策をしっかり行っている

自身の強みをわかりやすく伝える応募書類を作成し、入念な面接対策を行うことが転職成功の近道です。ただし、自分一人で応募書類の作成や面接対策を進めていると、独りよがりな視点に陥ることもあります。家族や知人に相談して意見をもらったり、転職エージェントを活用して客観的なアドバイスを受けたりすることで、応募書類や面接がブラッシュアップされるでしょう。