リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

面接で転職理由を聞かれたら?転職理由の答え方と回答例

面接では、採用担当者からさまざまな質問がなされますが、そのひとつに「転職理由」があります。企業にとって、応募者の転職理由は「今後の活躍の可能性」や「定着性」を探るための重要な質問であり、適切な回答ができるかどうかが転職の成否を分けることも考えられます。面接における転職理由の答え方について、回答例とともに詳しく解説します。

アドバイザー

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

採用担当者が転職理由を確認する背景

採用担当者が転職理由を質問するのは、「同じ理由でまた辞めてしまわないか(定着性)」「入社後に転職理由は実現できるか(活躍可能性)」を確認する意図があります。この背景を踏まえたうえで、採用担当者の意図に沿った転職理由を用意しておくことが大切です。

なお、「転職理由」と「退職理由」は混同してしまいがちなので注意しましょう。「転職理由」は転職先で実現したいこと(未来)、「退職理由」は退職のきっかけになったこと(過去)です。退職理由を詳しく説明するのではなく、転職後に何が実現したいのかを前向きに伝えるようにしましょう。

転職理由の考え方

採用担当者に転職理由を伝える際には、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。ここでは、転職理由を整理する際のポイントについて詳しく解説します。

条件改善の場合はポジティブな内容に言い換える

転職を考えた一番の理由が、「前職(現職)への不満」という人は多いようです。ただ、「仕事がきつい・大変」「やりがいを感じられない」「給与額に納得できない」といった正直な感想をストレートに伝えるのは、採用担当者にネガティブな印象を持たれる要因になりかねません。

職場環境や労働時間、給与などへの不満が直接の動機だったとしても、「ワークライフバランスを整えたい」「やりがいを感じる仕事に就きたい」といったポジティブな転職理由に言い換えるようにしましょう。

実現可能性の高い理由にする(入社後に実現できない理由は避ける)

応募企業で実現するのが難しい転職理由だった場合、「なぜ応募したのだろう」「希望が実現しなければ辞めてしまうのではないか」といった懸念を与える可能性があります。

例えば、応募する求人に海外展開などの記載がないにも関わらず、「海外ビジネスでの経験を活かして御社の海外展開に貢献したい」という転職理由だと、採用担当者は「なぜ応募したのだろう」「希望が実現しなければ辞めてしまうのではないか」と判断する可能性が高くなります。転職理由は、実現できそうなことを確認したうえで伝えるようにしましょう。

志望動機との一貫性を意識する

転職理由は、志望動機と一貫性を持たせることが大切です。例えば、「収入を上げたい」という転職理由の場合、志望動機が「インセンティブでしっかり稼げる給与制度を導入するなど、頑張りを正当に評価してもらえる環境に惹かれた」といった内容であれば、転職理由と志望動機に矛盾がなく、採用担当者に納得してもらいやすくなります。

【職種別】転職理由の回答例

職種別の転職理由の回答例を3つご紹介します。

営業/やりがいを持って働きたい

製薬企業の営業担当として10年勤めてきました。医薬品の情報提供がITに代替されつつあることや、コロナ禍で対面訪問が難しくなったことで、転職を決意しました。

私はもともと、「人に幸せを提供したい」という理由で製薬企業の営業を選択しました。これまでに培った医療業界の知識とコミュニケーションスキルを活かしながら、個人の幸せを実現する仕事は人材紹介事業しかないと感じ、御社を応募しました。御社は医療系の転職エージェントに特化し、業界出身のコンサルタントを多数抱えております。医療業界の営業経験を活かして、御社のサービスに貢献したいと考えております。

エンジニア/ユーザー企業側でDXを推進したい

現職の業務は業務系システムの受諾開発が中心です。顧客側の予算など、どうしてもリソースが限られてしまうため、応急処置的な対応をせざるを得ませんでした。DXというテーマがあっても、本質的な解決策を実行することが難しいと感じる場面が多かったのが正直なところです。

これからは事業側で主体的にDXを推進する仕事に就きたく、転職を決意しました。現職で、多くの企業から業務システムの開発を担当し、DXに関するプロジェクトの成功・失敗のノウハウを持つことができました。御社サービスのDX推進・開発に貢献したいと考えております。

総務/責任や裁量権の大きな環境で働きたい

現在は総務課長として働いておりますが、人事や情報システム部門なども経験しており、一通りのバックオフィス経験とマネジメント経験があります。これからも会社を支える基盤となる、バックオフィスの仕事で経験を深めていきたいのですが、現職は年功序列の文化が根強く、部長に昇進するのは5年以上先になることが見えています。また、業務面においても仕組みを整備してきたため近々で大きな改革や変更はありません。経営状態としてもこの数年間は横ばいが続いています。

40歳以降を見据えて自身の成長を考えると、御社のような成長段階の環境で、より大きな責任と裁量権を持って働きたいと考えるようになりました。これまでのバックオフィス経験を活かしながら、管理部門全体を管掌できるようなマネジメント力を持つ人材へと成長したいと考えております。