履歴書のサイズはA4とB5どちらを使う?封筒のサイズはどう選ぶ? 

履歴書 サイズ

企業に応募する際、必ず提出を求められる「履歴書」。履歴書用紙は市販されていますが、A4かB5か、どちらのサイズを選ぶべきか迷う人も多いようです。履歴書サイズの選び方、郵送する場合の封筒サイズの選び方、データでの送付方法などについて、組織人事コンサルティングSegurosの粟野友樹氏が解説します。

履歴書の一般的なサイズはA4とB5

市販されている履歴書用紙のサイズは、主に次の2種類があります。 

A4サイズ(A3・2つ折り) 縦:297mm×横:420mm
B5サイズ(B4・2つ折り)  縦:257mm×横:364mm

応募先企業が使用サイズを指定している場合はそれに従いましょう。特に指定されていない場合、A4・B5いずれのサイズを使っても問題ありません。 

以前は、履歴書のサイズといえばB5が主流でした。しかし、ビジネス文書がA4サイズで使用されることから、近年では履歴書もA4サイズが一般的となっています。これに合わせて、Web上でダウンロードできる履歴書テンプレートもA4サイズのものが多く見られるようになりました。 

履歴書サイズが採否に影響することはないため、自身が使いやすいほうを選んで問題ありませんが、迷う場合には、A4を選ぶのが望ましいでしょう。理由は以下のとおりです。 

文字が小さいと読みにくい

B5のほうがA4よりも記載スペースが狭いので、文字が小さくなります。特に、ビジネス経験が豊富な方の場合は、職務経歴や自己PR欄などに記載する内容が増えるために、さらに文字サイズが小さくなり、読みにくくなってしまいます。多くの情報を盛り込んだとしても、A4サイズのほうが読みやすくなるでしょう。 

職務経歴書のサイズと揃えるのが望ましい

応募時は、履歴書とともに職務経歴書も提出します。前述の通り、ビジネス文書作成においてはA4サイズが標準であるため、職務経歴書もA4で作成するのが一般的です。 

履歴書と職務経歴書のサイズが揃っていたほうが、採用担当者にとっては保存の作業や管理がしやすくなります。受け取る側の取り扱い事情も考慮すると、A4サイズに統一するのが望ましいといえるでしょう。 

印刷する場合はA3またはB4で2つ折りにする

履歴書テンプレートをダウンロードし、PCで作成・印刷して郵送または持参する場合、A4・B5用紙ではなくA3・B4用紙に印刷し、2つ折りにします。 

プリンターがない場合、あるいはA4サイズ以下のプリンターしかない場合は、コンビニエンスストアなどでA3・B4サイズの印刷をすることができます。 

履歴書を送付する封筒のサイズは2種類

ビジネス文書を提出する際は、「折らない」のが一般的なマナーです。履歴書・職務経歴書についても、折りたたんで小さな封筒に入れるのは望ましくありません。採用担当者は広げるのに手間がかかるうえ、折り目がつくことで読みにくくなってしまいます。

B5またはA4サイズの履歴書+A4サイズの職務経歴書を一緒に送る場合、封筒は「角形2号」(サイズ:24×33.2cm)か「角形A4号」(サイズ:22.8cm×31.2cm)を使用するのが適切です。

履歴書・職務経歴書をそのまま封筒に入れると、採用担当者の手元に届く頃には折り曲がったりしわがついたりする可能性があります。無色透明のクリアファイルにはさんでから封筒に入れると、丁寧な印象になります。その場合は、送付状も作成し、上から「送付状」→「履歴書」→「職務経歴書」→「(あれば)その他書類」の順番でかさねてクリアファイルに収めるといいでしょう。

メールで履歴書を送付するケースが増加中

近年は、履歴書・職務経歴書を紙で郵送・持参するのではなく、PDF化してメールで送付するケースも増えています。採用業務のデジタル化が進む中、履歴書・職務経歴書もデータのほうが管理しやすいため、応募する企業によってはメールでの送付を求められることもあるでしょう。 

企業からメールでの応募書類送付を指示された場合は、WordやExcelで作成した履歴書を「名前を付けて保存」を選択して、ファイル形式は「PDF」を指定して、PDFファイルに変換します。 

履歴書を手書きで作成した場合は、プリンターでスキャンしてPDF形式で保存します。プリンターがない場合は、コンビニエンスストアの複合機を活用するといいでしょう。 

応募書類は、サイズよりも内容の確認を

応募書類を提出する際には、「マナーを守らなくてはならない」と、サイズ選びを気にかける方もいるかもしれません。確かに応募書類のマナーは第一印象を左右する可能性があります。しかし、当然ながら重要なのは「中身」です。様式を過度に気にするよりも、自身の「強み」がしっかりと伝わる書類を作成することを意識しましょう。同じ内容であっても記載の仕方の工夫により、評価アップ・印象アップにつながることもあります。

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営する会員制転職スカウトサービスです。リクルートの求職活動支援サービス共通の『レジュメ』を作成すると、企業や転職エージェントからあなたに合うスカウトを受け取ることができます。レジュメは経験やスキル、希望条件に関する質問に答えるだけで簡単に作成可能です。一度登録してみてはいかがでしょうか。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野 友樹(あわの ともき)氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。