リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

履歴書・職務経歴書の「封筒」の書き方とは?

履歴書・職務経歴書は、封筒に入れて応募先企業に提出するのが一般的です。応募書類提出の際に押さえておきたい、封筒の書き方やマナーについてご紹介します。

履歴書・職務経歴書の封筒の書き方のポイント

履歴書・職務経歴書を入れる封筒の書き方のポイントをご紹介します。

封筒サイズは角形A4号または角形2号がおすすめ

履歴書・職務経歴書は、できるだけ丁寧に扱いましょう。不要な折り目などがあると、読みにくくなる可能性があるため、A4サイズの書類を入れることができる角形A4号または角形2号の定型封筒を選ぶのがおすすめです。

担当者名が分からない場合の宛名は「採用担当御中」と記載

封筒の表面には、縦書きで宛名を記載します。応募書類の送り先は「部署」「役職」「担当者個人名」を明記しましょう。担当者の個人名が分からず、「採用担当」宛となっている場合は、「採用担当御中」と記載します。

【宛先ごとの敬称】

宛先が「部署」の場合 御中 例:人事部 御中
宛先が「役職」の場合 例:人事部 人事部長様
宛先が「担当者個人名」の場合 例:人事部 山田様
宛先が「採用担当」(個人名がわからない)場合 御中 例:採用担当御中

封筒の表面に「応募書類在中」と明記する

封筒の表面左下には、赤字で「応募書類在中」と記載します。文字の周りは長方形の赤枠で囲みます。「応募書類在中」と明記することで、封筒の中身が何であるか一目でわかるようにします。仕分けミスや他の配達物との混在などで採用担当者の手元に届かなくなるトラブルをできる限り回避するため、記載しておくことをおすすめします。

応募書類はクリアファイルに入れるとより丁寧

履歴書・職務経歴書は、無色透明のクリアファイルに入れた上で封筒に入れると、より丁寧な印象になるでしょう。また、郵送中やカバンに入れて持参する途中での折れ・曲がりやシワ、汚れを防ぐことができるでしょう。ある程度の防水にもなります。

履歴書・職務経歴書を郵送する場合

履歴書・職務経歴書を郵送する場合のポイントをご紹介します。

郵送する場合のポイント

宛名は省略せず、正確に記載する

履歴書・職務経歴書を郵送する場合は、封筒には住所・宛名などを縦書きで記載するのが一般的です。住所は郵便番号・都道府県名から書き出し、番地などの数字は「漢数字(一、二、三)」または「アラビア数字(1,2,3)」のどちらかに統一しましょう。
企業名は正式名称を記載します。また、法人格は略さずに「株式会社」、「有限会社」とします。

送付者の住所、氏名も忘れずに記載する

封筒の裏面には、送付者の住所と氏名を記載します。表面と同様、郵便番号・都道府県名からの住所を記載し、数字は表面の表記と統一します。住所は小さめに、氏名は大きめに記載するとバランスが良く、見た目も美しくなるでしょう。

時間があれば送付状も入れると丁寧

封筒には履歴書・職務経歴書だけでなく、送付状(添え状)も同封するとより丁寧な印象を与えることができるでしょう。送付状はA4サイズで1枚にまとめます。

送付状には、送付する書類の内容・数量を明記し、「何をどれだけ送付したか」が分かるようにします。また、簡単な自己PR、入社の意欲などを書き添えることで、応募書類を見る前に「どのような人物なのか」を理解してもらうことができます。また、応募書類に書ききれなかった実績や自己PRなどを伝えることができるでしょう。

送付状の例文

2020年○月○日

株式会社○○○○
人事部 ○○様

〒000-0000
東京都○○○○○○○○
電話番号 090-0000-0000
メールアドレス 00000@000000
氏名 ○○○○


応募書類の送付につきまして



拝啓 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
このたび貴社の採用情報を拝見し、○○職に応募するため、履歴書と職務経歴書を送付しております。

私は、株式会社▲▲にて●年間、生産管理職に携わってまいりました。
直近の●年間は、全国●カ所の工場のマネジメントを担当しております。業務改善および業務効率化に尽力した結果、年間で●%の生産工数の削減に成功いたしました。

これは、自身の強みである傾聴力を活かし、各工場からの課題を詳細にすくい上げられたこと、また、多角的な見地から大胆な改善に踏み切ったからと自負しております。
今後は国内だけでなく、海外でも活躍の場を広げていきたいと思い、貴社に応募した次第でございます。


入社後は、今までの経験を存分に活かし、貴社の発展に貢献してまいる所存でございます。
応募書類をご高覧のうえ、ぜひ面接の機会をいただけますと幸いです。
ご査収のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

敬具

 

【同封書類】

1.履歴書          1枚
2.職務経歴書      全 2枚

 

以上

履歴書・職務経歴書を持参する場合

応募書類を持参する場合の封筒の書き方もご紹介します。

持参の場合も封筒に入れ「応募書類在中」と記載する

履歴書・職務経歴書を応募企業に直接持参する場合も、持参する途中での折れやシワ・汚れを防ぐためにも封筒への封入をおすすめします。

封筒のサイズは、郵送同様に角形A4号または角形2号の封筒を選ぶと収まりが良いでしょう。また、応募書類を持参する場合は、封筒を折らずに持ち運べる大きめのカバンを使用する、雨天の場合はビニール袋に入れて持ち運ぶなどの対策をとっておくと安心です。

持参する際、封筒には、宛名を記載する必要はありません。誰に宛てた書類なのかが明確なため、表面への住所や宛名の記載は不要です。表面に記載すべき項目は、左下の「応募書類在中」のみで問題ありません。場合によっては採用担当者ではなく、受付などで応募書類を手渡す可能性もあります。誰が持参した書類なのかを示すため、郵送する時と同じように、裏面には自身の住所・氏名を記入しましょう。

面接で履歴書・職務経歴書の提示を求められたら、封筒から出して渡す

応募企業によっては、「面接に履歴書・職務経歴書を持参すること」と指示がある場合があります。採用担当者から履歴書・職務経歴書の提示を求められたら、封筒から出して手渡しましょう。

クリアファイルごと書類を取り出し「クリアファイルを上」「封筒を下」にし、一緒に手渡します。このとき、面接官が読みやすいように履歴書・職務経歴書の向きを相手側に向けて両手で差し出します。面接官はその場で履歴書・職務経歴書を読むため、読みやすさに配慮した渡し方を心がけましょう。また、手渡す際に「履歴書と職務経歴書、●●(その他に提出する書類がある場合)をお持ちいたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます」と伝え、ビジネスマナーにも配慮するようにしましょう。